A women stress

ホルモン量で3種類ある

the orange pills

低用量ピルを開発された世代別に分けると、第1世代~第4世代の4つの種類に分かれますが、
配合されるホルモン量で分けると1相性ピル~3相性ピルの3つの種類に分けることができます。
ホルモン量による種類の違いを説明する前に、低用量ピルには入っている錠剤の数でまず2種類に分かれることを知っておいて下さい。
低用量ピル通販サイトには、21錠タイプと28錠タイプの取り扱いがあると思います。
それぞれ効果は同じですが、低用量ピルは21日間服用して7日間服用を休み、再び21日間服用する、という方法が基本なので、
28錠タイプはプラセボ錠を7錠入れておくことで21錠タイプより飲み忘れを少なくする効果があります。
初めて低用量ピル通販を利用する場合は28錠タイプがおすすめです。

そして、この21錠タイプでも28錠タイプでも、入っている錠剤のホルモン量が全て同じであれば1相性ピルと呼ばれます。
全てのホルモン量が同じなので飲み間違いもなく、初めて低用量ピル通販を利用する人でも気軽に始めることができます。
2相性ピルは、21日間飲む錠剤の中で、前半は黄体ホルモンの量が少なく、後半は黄体ホルモンの量が多くなっているという特徴があります。
身体のホルモン量に合わせてホルモン量を変えているので、身体に優しいという特徴があります。
そんな2相性ピルの特徴を、更に改良したのが3相性ピルです。
ホルモン量を3段階に分けているので、2相性ピルよりも更に副作用が少なく、身体に優しい低用量ピルです。
初めて低用量ピル通販を利用する場合は、28錠タイプの1相性ピルが簡単でおすすめですよ。