A women stress

第1~第4世代まである

the drugs

低用量ピルには色々な種類や飲み方があります。
初めて低用量ピル通販を利用するという人は、知識がないとどれを購入すれば良いかわからず悩んでしまうかもしれません。
低用量ピル通販を利用する上で、ある程度の低用量ピルの種類は把握しておいた方が良いでしょう。
まず第1~4世代まであり、それぞれ開発された順に名付けられています。
第1世代ピルは、1960年代から今まで継続して人気を集める歴史あるピルです。
低用量ピル通販を利用している人の中でも第1世代ピルを購入している人は沢山います。
黄体ホルモンの量が多いので、女性の身体に優しいことで知られています。
第2世代ピルは第1世代ピルとは違う新しい黄体ホルモンが配合されたピルです。
低用量ピル通販を利用している人を含め、低用量ピルを使用している40%以上の女性がこの第2世代のピルを服用しています。
黄体ホルモンの量を調整できるので、副作用が少ないことでも知られています。
第3世代ピルは第1世代ピルと第2世代ピルの欠点を補う形で開発されたピルです。
それぞれの良いとこどりのバランスの取れたピルです。
第4世代ピルは、超低用量ピルと呼ばれています。
一般的な低用量ピルは、卵胞ホルモンが50マイクログラム未満で「低用量」と定められていますが、
第4世代ピルはなんと30マイクログラム未満に抑えているため、他の第1~3世代ピルよりもはるかに副作用が少ないんです。
低用量ピル通販を利用している多くの人はこの第4世代ピルを購入しています。